定期的な補修が必要

戸建住宅を購入した後には、定期的な補修が必要です。
特に外壁や屋根などの塗装工事は、使用した塗料の材質や環境によっても異なりますが、一般的に7年から15年周期で実施する必要があると云われています。
塗装工事は見た目を良くするだけでなく、屋根や外壁のひび割れを補修する効果もあり、建物本体を守り耐用年数を伸ばす効果があります。
外壁塗装の目安は、7年から10年の周期で実施することが効果的と云われています。

また、屋根塗装の目安は、5年から10年の周期で実施することが効果的であると云われています。
防水工事は、雨や雪などの屋内への侵入を防止したり、紫外線から家屋を守るものです。
防水工事には、メンブレン防水とシーリング防水に区分されます。

同時に実施することが効果的


戸建住宅の塗装工事を行う場合には、定期的に建物の状態を確認しておく必要があります。
外壁や屋根の塗装工事を行う際には、外壁や屋根などのひび割れの補修や下地の補修を行う必要があります。
また、塗装前にはカビなどを取り除くために、洗浄を行う必要があります。
塗装工事では、下地塗り、中塗り、仕上げ塗りなどの3度塗りすることで、厚い塗装膜を作ります。
外壁や屋根の塗装工事を実施する際には、高所作業を行う必要があります。
そのため、足場を設置する必要があります。
足場の設置については専門業者に依頼する必要がありますので、塗装工事費用以外の費用が別途発生します。
そのため外壁や屋根の塗装工事等を実施する場合には、同時に実施した方が効果的です。

事前に塗装工事の相場を確認しておく


外壁塗装、屋根塗装、防水工事については、工事を施工する業者によって工事費用に大きな差が出る場合があります。
塗装工事等を依頼する場合には、事前に業者に現場を確認して見積もりをお願いする必要があります。
その際には、複数の業者からの見積もりを取ることも重要です。
また、事前にインターネットサイトにある塗装工事の一括見積サイトを利用して、工事費用の相場を確認しておくことも効果的です。
塗装工事の費用の差の大きな原因のひとつには、使用する塗料の材質と量にあると云われています。
工事を依頼する前に、使用する塗料のメーカーや使用量等を確認しておくことも重要です。
また、塗装工事は1週間から2週間程度の期間が必要です。
工事期間中に工事の状況を確認することも効果的です。

オススメリンク

防水性などの機能に繋がる

洋風住宅の外壁は、塗料を吹き付けたタイプとサイディングボードを使ったタイプが主流になっています。
そして、屋根同様に外壁の再塗装が必要になるのです。
最近のサイディングボードの中には再塗装が必要無いタイプもありますが、まだまだコストが高い…Read more

ストレート屋根の場合

人気の高い洋風住宅にはスレート屋根が似合います。
しかし、スレート屋根の場合、定期的な再塗装が必要になるのです。
そこで、スレート屋根の場合はどうして屋根塗装が必要なのか簡単に説明します。

スレート屋根は、コンクリートとアスベ…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930